夏バテ予防にDHAとEPA

MENU

夏バテ予防にはDHAとEPA

 

年齢:39歳
身長:173cm
体重:74kg
仕事:会社員
喫煙:1日20本
飲酒:週3回(仕事の付き合いと晩酌)
家族構成:妻(34歳)、息子(3歳)

 

私の仕事は現場仕事なので屋外での仕事です。防水シートを屋根などに張る仕事なので、夏は灼熱地獄なので相当体力を奪われます。

 

そんな労働環境なので、夏は夏バテをしやすいのです。若いころは夏バテせずに頑張って来れましたが、私も40代目前なので昔と比べて体力が落ちてきました。

 

正直言って夏場の現場は地獄です。夏バテをしない様に首から濡れたタオルをかけたり、こまめに水を飲んだりしています。

 

うなぎが夏バテ予防になる理由

 

夏バテになると食欲がわかなくなり、体が怠くなります。昔から夏バテ対策にウナギを食べる習慣がありますが、このうなぎにはDHAとEPAという成分が豊富に含まれていて、この成分が血液をサラサラにして夏バテしない体を作ってくれるんだそうです。

 

ウナギなんて高くて毎日食べられないので、効率的にDHAとEPAを取れるサプリメントを飲んでみようと思い、ネットで検索していたらきなりというサプリが気になりました。

 

きなりの特徴

 

数あるDHA、EPAのサプリメントできなりが良いなと思った理由は、まず価格です。続けて飲むには高いと無理なので、お手頃価格のきなりは続けやすいです。

 

あとは、きなりはDHAとEPAの成分をしっかり体の中まで取り込んでくれるので、無駄がないのがいいですね。DHAとEPAは酸化しやすいので、摂取しても結構無駄になってっしまうことがあるそうなんです。せっかく飲んでいるサプリメントの成分が酸化してしまっては摂取している意味がないですからね。

 

きなりを飲み始めて、毎日うなぎを食べている位元気に仕事ができています。最近の夏は昔と比べても暑くなってきているので、これからも夏場はきなりと共に乗り越えようと思います。

 

夏バテ予防にきなり

 

私のように屋外で仕事をしている人だけでなく、屋内で仕事をしている人も夏バテになりやすいので、気を付けましょう。妻は事務の仕事をしているのですが、夏場の職場はクーラーが効いていて寒いらしく、外の温度との差で夏バテになってしまったことがありました。

 

医者に診てもらったら、寒暖差のせいで自律神経がやられていわゆる夏バテになったと言われました。屋内にいても夏バテになるなんて知らなかったので、今後はきなりを妻にも飲ませてみようかと思っています。