EPA 効果 効能

MENU

EPAの効果と効能について

 

EPA(エイコサペンタエン酸)にはDHA同様、様々な効果や効能がみられますが、その中でも以下の3つが主なものになります。

  • 血栓を防ぎ、血液をサラサラにする
  • 高血圧の改善
  • 中性脂肪を減らす

もちろんDHAには上記以外にも様々効能・効果があります。詳しくは「DHAとEPA共通の効能と効果」をご覧ください。

 

血栓を防ぎ、血液をサラサラにする

 

EPAの大きな特徴の1つとして、血液中の脂質バランスを改善することが挙げられます。これは、血中の総コレステロールや中性脂肪を減らし、HDL(いわゆる善玉コレステロール)を増やすことによって、動脈硬化を防ぐ働きがあります。EPAで特筆すべきことは、中性脂肪を減らす効果と共に、血液をサラサラにし、血管の中に血栓をつくらせない働きをすることです。

 

この「血液をサラサラにする成分」はEPA以外にも、DHAや、ナットウキナーゼ、クエン酸(酢酸)、タウリンなども有名ですが、EPAには「血小板凝集抑制」すなわち血栓を作らせない成分が豊富に含まれており、血栓を布施部効果が他の成分と比べてずば抜けて高いことがわかっています。

 

さらにEPAには「赤血球を柔らかくする働きがある」のです。赤血球は非常に柔らかい構造をしており、その形を自在に変化させて末梢の毛細血管まで行き届くようになっています。しかし、動物性脂質を多量に摂取したり、リノール酸を過剰摂取している方の場合、赤血球が硬くなるため、毛細血管まで血液を運ぶことができなくなってしまうのです。

 

このような場合、EPAを摂取することによって赤血球を硬くする原因になるアラキドン酸を追い出し、EPAがそれにとって代わるため、硬かった赤血球は柔らかくなり、今まで届かなかった毛細血管の末端まで血液を送り込むことができるようになるのです。

 

高血圧の改善

 

高血圧の原因は塩分の取り過ぎが主だと思われていますが、実はEPA不足が高血圧の原因になっていることはあまり知られていません。

 

血液中のEPA濃度が低くなると赤血球の柔軟性が失われます。そうすると赤血球が硬くなり、毛細血管の末端まで血液を送ることができなくなります。そうすると当然血流が悪くなるので、悪くなった血流を改善させようと、心臓が圧力を上げて血液を送り出そうとします。この圧力が血圧を上げる原因なのです。

 

現代人の生活習慣病の原因のひとつに「リノール酸」の過剰摂取が問題とされています。リノール酸を過剰に摂取すると、血管壁に血小板が付着してしまい、血管が狭くなってしまいます。血管が狭くなれば当然血流が悪くなります。従って、心臓はポンプの圧力を上げて血流を良くしようとします。これも上記同様、高血圧の要因になっています。

 

EPAやDHAは、このような血管や血液の状況を改善してくれます。EPAには赤血球を柔らかくする効果があるのと同時に、血管壁にこびり付いた血小板を取り除いてくれる働きもするのです。このような働きによって、悪かった血流が改善され、心臓の負担が減って血圧も下がってくるのです。

 

中性脂肪を減らす

 

EPAは他のオメガ3系脂肪酸(DHA、αリノレン酸)と比べても、中性脂肪を下げる効果は頭ひとつ出ています。EPAには高中生脂肪酸、高血圧、高血糖、肥満のいわゆるメタボリックシンドロームを形成する4つの要素全ての改善に効果的なのです。

 

EPAが実際にどのように中性脂肪に効果的なのかと言いますと、腸から中性脂肪が吸収されるのを抑え、肝臓で中性脂肪の合成・肝臓から分泌されるVLDLの量を抑える効果があります。

 

こうした効果が認められ、1994年には日本で高純度のEPAが高中性脂肪血症の治療薬として認可されました。すなわち、EPAの効果は医学的に認められているのです。

 

最近では高純度のEPAが配合されているサプリメント「きなり」がネット販売されて話題を呼んでいます。DHA・EPAの配合量が他のサプリに比べて多いのが特徴です。さらにその成分を酸化させずに体内に取り込むことができるので、無駄なく栄養を摂取することができます。