40歳以降の健康管理法

MENU

40歳を過ぎたので健康管理に気を配り始めた

 

年齢:40歳
身長:179cm
体重:82kg
仕事:会社員
喫煙:1日1箱
飲酒:週3回程度
家族構成:妻(37歳)、息子(8歳)、娘(3歳)

 

いつまでも若いと思っていたら、もう40歳になってしまいました。歳を重ねるごとに時間が早く感じるものですね。

 

そんな私ですが、学生時代は野球部で結構毎日体を動かしていました。20代の頃は、就職を機に野球をやる機会が無くなりましたが、それでも休みの日などは友人と体を動かしたりしていました。

 

30代に入ると仕事も任されるようになって、かなり忙しくなってきました。私生活では結婚、出産などの嬉しいことが続きました。30代は仕事と子育てに必死だったこともあり、必然的に体を動かすことが無くなりました。

 

そして40代に突入した今、なかなか疲れが取れなくなってきました。更には徹夜もきつくなってきました。今までのような生活では体がどんどん老化する一方なので、40歳という節目を機に健康管理を始めようと思い立ったのです。

 

40代の健康管理法

 

仕事が早く終わる日は早く家に帰って、自宅の近くの公園でジョギングしたり、休みの日は簡単な筋トレや公園で子供たちと遊んだりして体を動かすようにしています。

 

しかし、一番の問題は食事です。家に早く帰れるときは妻の手料理でヘルシーなものを中心にしてもらえるのですが、仕事上の付き合いで週に3回は飲みに行きます。

 

食事の中心は肉とアルコールなので、体に脂肪が蓄積されていきます。自分でもわかっているのですが、飲みの席で飲まないわけにはいかないので、普通にアルコールを摂取しています。

 

サプリメントで不摂生な食事をカバー

 

このような生活の影響でしょう。30代前半頃からお腹まわりがブヨブヨになってきています。20代の頃に履いていたズボンなんて全く履けません。本当に太ったんだなって実感します。

 

そこで、不摂生な食生活を少しでも良くするためにサプリメントを飲むようにしました。インターネットで色々と調べていたら、DHAとEPAが体にいいだけでなく、ダイエットにも効果があることを知りました。

 

DHA・EPAのサプリメントは数多くあるのですが、私はきなりと言うサプリメントを選びました。私がきなりを選んだ理由はその吸収率です。いくらDHAやEPAの含有率が多くても、酸化しやすいDHAとEPAをしっかり体に届けなくては意味がないので、私はこの吸収率に着目しました。

 

きなりを飲み始めてから、今まで疲れやすくなった体が30代の頃に戻ったような感じがします。これは私個人の意見なのですが、体が疲れにくくなったので、気持ちもより前向きになって、今ではどんなに仕事が遅くなっても毎晩公園をジョギングするようになりました。

 

おかげで、少しずつですが体重も減ってきて、お腹まわりも少しすっきりしてきました。今の目標は20代の頃に履いていたズボンを履くことです。