中性脂肪

MENU

中性脂肪とは

 

中性脂肪とは、人間の体を動かすためのエネルギー源なのです。中性脂肪は別名「トリグリセライド」とも呼ばれています。中性脂肪は体脂肪のベースになる1つで、そのほかに皮下脂肪や内臓脂肪が含まれます。しかし、体脂肪のほとんどは中性脂肪でできています。

 

中性脂肪は人間の活動エネルギーに必要不可欠なものなので、脂肪細胞の中に蓄えられるのですが、中性脂肪が溜まり過ぎると、肥満やメタボリック症候群になり、生活習慣病にかかってしまう可能性が高くなります。

 

中性脂肪はどのように溜まるのか?

 

食事によって得られた糖質、脂質、タンパク質はエネルギーとして使われ、その余ったエネルギーは肝臓に送られて中性脂肪が合成されます。それが血液で全身に流れて、臓器や筋肉を動かすためのエネルギー源として使われますが、余った中性脂肪は皮下脂肪や内臓脂肪として蓄えられるのです。

 

 

中性脂肪が体内に蓄積されるとどうなるの?

 

中性脂肪値が高くなると体に良くないという事はなんとなくわかりますよね。中性脂肪値が高いと悪玉コレステロールと言われているLDL(低比重リポたんぱく)コレステロールが増殖し、さらに善玉コレステロールと呼ばれているHDL(高比重リポたんぱく)コレステロールが減少してしまいます。

 

中性脂肪やLDLコレステロール(悪玉コレステロール)は、血管内にこびり付いて、血流を悪くする要因になります。これが動脈硬化を引き起こし、そのまま放置していると最悪の場合、脳梗塞や脳卒中、心筋梗塞や狭心症などの重病にかかるリスクが高くなってきます。

 

また、中性脂肪は肝臓で合成されるので、中性脂肪が増えると肝臓にも悪影響を与えることになります。よく、アルコールの取り過ぎで脂肪肝(肝臓がフォアグラ状態になる病気)になると言われますが、脂肪肝は何もアルコールの取り過ぎだけでなるのではなく、中性脂肪が原因になる場合もあるのです。脂肪肝になると肝臓の機能が低下するので、肝硬変や肝臓がんに移行するリスクが高くなります。

 

つまり、肝臓の病気にかかる原因は糖質、脂質、タンパク質の過剰摂取によっても引き起こされる可能性があるのです。

 

中性脂肪を減らすには

 

中性脂肪を減らすには、食生活の改善と適度な運動が必要です。

 

食事は栄養バランスをしっかりと考えて、暴飲暴食は控えるようにしましょう。なお、喫煙やアルコールの摂取もできるだけ控えるようにしましょう。

 

運動をすることにより、過剰摂取していたエネルギーを使用します。さらに運動をし続けることによって、基礎代謝があがるので、仮にいままで同様の生活をしても、今までよりカロリーを消費できる体になります。ウォーキングやストレッチなどの有酸素運動を取り入れるのもよいでしょう。

 

魚に含まれる栄養素DHAとEPA

 

上記で述べたように、食事の改善はとても大切です。中でも、中性脂肪を下げる効果が高い成分として注目を集めているのが、サバやアジなどの青魚に含まれるDHAとEPAです。

 

ですので、今まで肉中心の生活を送っている人は魚中心の食生活に変えるだけで、中性脂肪の増加を抑える役割をしてくれるでしょう。ただ、これは短期間ではなく長期的に続けなければなりません。

 

食事改善にサプリをプラスする

 

魚中心の食生活を長期的に続けることが大切なのは理解できたが、実際にそれを継続するとなると途中で挫折してしまう方も多いと思います。そこで、魚のDHA・EPA成分を効率的に摂取できるサプリメントを利用するという方法が現実的です。

 

サプリメントには様々な種類がありますが、ご自身にあったサプリメントを選びことをお勧めします。ちなみに私は「きなり」というサプリメントを飲み続けています。中性脂肪値が360だった私が「きなり」を飲み始めて82まで下がった実体験コチラに綴ってあるので、ご興味のある方はご覧になってください。