中性脂肪 病気

MENU

中性脂肪が原因の病気とは?

中性脂肪が要因で引き起こされる病気は様々なものがあります。血液中の中性脂肪が多くなると、それに伴い様々な病気になるリスクがたかります。その中で最も代表的な病気が脂質異常症です。以前は高脂血症とも呼ばれていました。

 

この脂質異常症を放っておくと、皆さんもよく耳にする動脈硬化になる可能性が飛躍的に上がってしまいます。この脂質異常症や動脈硬化の病気にかかっても、体にあまり異変を感じないのです。ですので、そのまま放置されてしまうことが結構あるのも事実です。

 

動脈硬化の仕組み

 

1.肝臓で合成された中性脂肪はVLDLと呼ばれる超低密度リポタンパク質の形で血液中に流れていきます。

 

 

2.血液中にVLDLの数が増えすぎると、HDL(善玉コレステロール)が減っていき、小型LDLが増えていきます。

 

 

3.小型LDLが血管壁に入り込みやすいので、そこに粥状(じゅくじょう)プラークを形成し血管内膣が狭くなってきます。狭くなった内膣では血管が詰まり易く、血管壁は弾力性を失い、硬くもろくなってしまいます。

 

 

動脈硬化になると・・・

 

動脈硬化とは、読んで字の如く「動脈が硬くなる」事です。動脈は本来しなやかで破れにくいものなのですが、動脈硬化になるとそのしなやかさが失われ、血液を上手く送り出すことができなくなり、心臓に負担をかけてしまうのです。

 

それだけではなく、動脈が硬くなると血管の内側がもろくなるため粥腫(じゅくしゅ)ができ、剥がれて血液中に流れていきます。詰まってしまった血管に流れ込むので、細い血管で詰まったりしまう事もあります。

 

さらに、血管が狭くなると必要な栄養素が体にいきわたらくなり、組織や臓器などが機能低下する恐れもあります。

 

動脈硬化が進行すると・・・

 

動脈硬化が進行すると、様々な病気にかかる可能性があります。動脈硬化は心臓に大きな負担がかかるので、心不全、心肥大、高血圧など、いわゆる心疾患になる可能性を秘めています。

 

心疾患以外にも心筋梗塞、狭心症、脳梗塞、下肢閉塞性動脈硬化症などの病気、さらにくも膜下出血などの脳出血の病気になるリスクも非常に高くなります。

 

これらの病気は死につながる病気ですので、たかが動脈硬化などと考えてはいません。

 

 

動脈硬化はサイレントキラー

 

上記の通り、動脈硬化は様々な症状を引き起こす可能性の恐ろしい病気ですが、動脈硬化の最も恐ろしいところは「気づきにくい」ことにあります。自覚症状があまりないのです。

 

例えば心筋梗塞の場合、心臓の動脈である冠動脈が詰まり、心臓に酸素と栄養が行き届かなくなる病気です。最悪の場合、心臓が停止して死に至る事もあるとても恐ろしい病気です。この恐ろしい病気ですが、冠動脈が詰まるということは欠陥がかなり狭くなっているという事ですが、そのような場合でも自覚症状がほとんどありません。ですので、自覚症状が出始めたころには既に重症になっている場合も多々あるのです。

 

このように、あなたの知らないところで着々と進行している動脈硬化が「サイレントキラー」と言われる所以なのです。これを防止するためには、しっかりと健康診断などを受けてご自身の血管の健康状態を把握することがとても大切です。