アスタキサンチン 効果 効能

MENU

アスタキサンチンの効果とは?

 

アスタキサンチンとは、カロテノイドという天然色素の1種なのです。アスタキサンチンはその中でも抗酸化作用が非常に強く、その効果はビタミンEやコエンザイムQ10の1000倍と言われています。ビタミンCと比べると何と6000倍と言われています。ただ、そのビタミンCと一緒に摂取することによって、さらなる高い効果を発揮するのです。

 

そんなアスタキサンチンには、様々な効果効能がありますが、代表的なものとして、以下の4つが挙げられます。

  • 善玉コレステロールの酸化を防ぐ
  • アンチエイジング
  • 美肌効果
  • 目の老化防止

それでは、1つずつ詳細をみていきましょう。

 

善玉コレステロールの酸化を防ぐ

 

LDLコレステロール(いわゆる善玉コレステロール)が酸化してしまうと、動脈硬化の原因になってしまいます。動脈硬化は脳梗塞や狭心症、心筋梗塞など様々な病気を引き起こす可能性のあるとても危険な病気です。

 

アスタキサンチンはそのLDLコレステロールが酸化するのを防ぐ作用があります。LDLコレステロールが酸化されるまでの時間を延ばすためには、1日0.6mg以上のアスタキサンチンを摂取することが推奨されています。

 

アンチエイジング

 

人間は誰しも老いてくる生き物です。老化とは肉体が酸化・糖化していくことによっておこる現象です。その現象を抗酸化作用で防ぐことができます。アスタキサンチンには、全身の老化を防止する力があります。強い抗酸化作用は肉体の肌をいつまでも若々しく保ち、病気になるリスクも軽減してくれるのです。

 

このような事から、アスタキサンチンはアンチエイジングにとても効果があるとされて最近大変注目を集めています。

 

美肌効果

 

世の中に広く知られているコラーゲンは、肌にハリや潤いを与えますが、外基質のため外側から吸収されることができないのです。また、サプリメントなどでコラーゲンを摂取したとしても、コラーゲン自体がタンパク質という性質上、体内に入った瞬間に分解され、再構成されたときにはコラーゲンではなく別の物質になります。

 

そのため、体内にコラーゲンを補うためには、そのコラーゲンの基となる物質を体内に取り込む必要があります。アスタキサンチンはカロテノイドの1種として、エラスチンの生成を助長します。そのため、アスタキサンチンは美肌に効果があると言われているのです。

 

目の老化防止

 

アスタキサンチンは目の老化防止にも効果があると言われています。その中でも特に加齢性黄斑変性症の予防や白内障の予防に効果があると言われています。また、光障害による網膜を保護する働きもあるので、紫外線でやられる網膜を守ってくれます。